良いホームページは?(整体院・整骨院・治療院編)口コミアンケート調査DB

治療院

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査:2018年6月
  • 人数:20名

整体院・整骨院・治療院を探す時どうやって探しますか?

40代女性:ネットでどこにあるかを検索します。例えば「大阪市北区●●町 整体」、「大阪市北区●●町 接骨院」などと検索します。そして病院の目星をつけたら、口コミが書かれているか検索します。その次に家族や親しい友人に行ったことのある病院と行った病院の感想を聞きます。先生の対応や背術の上手さなど。時間があればフリーペーパーをもらってきて確認しますが、フリーペーパーは稀です。(フリーペーパーに掲載されていても口コミなどの書き込みでネガティブなことが書かれていると行こうとは思わないです)

30代女性:整体院などを探すときはインターネット検索を使います。あとは新聞広告やチラシなども参考にしています。

20代女性:まずは近所の整体や整骨院をGoogle検索で調べます。更に、毎日歩く道沿いにある整骨院に関しては院の名前で直接検索をかけます。しかしネットからの情報だけでは限界があるので、可能であれば地元の方から評判を聞くようにしています。地元に聞ける人がいない場合は、職場の同僚などに聞いて、良さそうであれば家から離れていても受診を検討します。

40代女性:まずはネットで調べます。通える範囲内で検索して、3つほど候補をあげて比較検討すると思います。次に、近所の知人に評判のいい病院を聞いてみて、その医院も候補に入れると思います。ホームページだけではわからない、先生や看護師さんの評判が聞けるので。

30代女性:思いたった時に、スマホでネット検索します。他にはチラシや偶然見かけたところもネット検索します。さらに人に聞く機会があれば聞きます。整体院、接骨院、整骨院は区別して調べます。

40代男性:治療院などを探す時には、まず人に聞くことにしています。どこを利用したことがあるのか、その感想はどんなことがあるのか知ることが出来るからです。リアルな感想を聞くことが出来るので、できるだけ多くの人に聞くことにしています。また、インターネットで自分が住んでいる地域を検索して調べることもしています。

50代男性:ネット検索を利用して探すのが中心です。ツイッターとフェイスブックを利用しているので、場合によってはそちらも使って情報を探すこともあります。SNSはあくまで実際に使ったことがある人の感想を探すことがメインです。周りの知り合いで整体院などを利用した人がいる場合はその人の意見も聞きます。

SNSでも自らの仕事について、それなりに情報発信しておくと、集客につながるのは言うまでもないですね。ホームページと連動させておけば、気になっている人の背中を推す強力なサポートアイテムとして機能しますし、ホームページ自体への訪問者を増やすことにもなりますのでSEO的にもある程度の好影響が見込めます。

弊社HP制作サービスでは、SNSとHPを連動させて、リアルな世界で頑張っていることをそのままネットの世界で再現することが可能です。

代表 東

30代女性:整体院・接骨院・治療院を探すときは、まずインターネットで検索します。

40代女性:ネット検索やSNSで評判がいいところを検索します。

40代女性:毎月ポスティングされる、地元のお店情報が載ったフリーペーパーがあるのでそれをまず見ます。ほとんどの店舗は割引券などのクーポンがつくので、お値打ちだからです。また、別の理由として治療が1回で終わることはまずないと思うので、何度か通うことを考えるとやはりできるだけ地元のほうが便利だからです。さらに何店舗か記載されているので、比較がしやすいというメリットもあります。こういったフリーペーパーは2種類ポスティングされるので、どちらも見ます。

何かしらの特典を付けることが出来るのはフリーペーパーだけではありません。

ホームページを見た人限定の特典を付ければ、より強く来院を促すことが出来ます。

代表 東

30代女性:まずは通える範囲でネット検索します。通勤経路や自宅近辺で、実際に看板や店舗を目にすることがあれば、そこも検索します。また知人・友人に話のついでに症状と整体を探していることを伝え、通ったことがあるところやオススメがあれば紹介してもらいます。

20代女性:治療院を探すときにはまず家族や親戚に聞きます。と、いうのもどちらも近くに住んでいるため行動範囲が近いためです。家族も親戚も行ったことがある場合にはその治療院はどうなのかという話を聞きます。もし心当たりがないといわれたら、周辺の治療院をインターネット検索を使って調べます。

30代男性:口コミ、ホームページを中心に探す。特に利用者の口コミは大きいと思う。施術者が何人かいるようなところでは、その中の誰がよいなども参考になる。

20代女性:人に聞きます。特にスポーツをしている友人に聞くことが多いです。

40代女性:腰痛や肩の痛み、股関節の痛みなどがあるときに、整体院や整骨院、治療院などを探すことがありますが、そのときには、まずは、友人・知人に尋ねます。友人に西洋医学での治療が苦手で、できるだけ東洋医学を活用している人がいますので、その人に症状の相談をして尋ねてみます。また、スポーツジムに通っていますので、そのジム友やインストラクターにも相談をしてみます。特にインストラクターは定期的にそういったところに通っている人も多いため、情報を多く持っていますので。そういったことをしたうえで、インターネットのホームページなどを確認します。

20代女性:まずはホットペッパーなどの情報誌、情報サイトを見て探します。評判がよさそうな院が見つかったらインターネット、SNSで店名を検索し、口コミを見て決めるようにしています。同じような症状を持つ友人がいる場合、紹介してもらうこともあります(紹介の場合、割引になることもあるので)。

30代男性:まずは家族や友人におススメの医院を聞いてみます。特に、ギックリ腰などになりやすく色々な医院の情報をよく知っている友人に尋ねてみます。他の人から勧められた情報を元に、実際に自分でもインターネットを利用しておススメの医院の口コミやその医院のホームページを見て判断します。

30代女性:整体院、接骨院などの治療院を探す時は、ネットで探しています。以前は、分厚い電話帳で探していましたが、町内会などのコミュニティーが失われてしまって電話帳が配布されることがなくなったので、どうしてもネットに頼らざるを得なくなりました。でも、おかげでサイトから得られる情報によって助けられることもあります。

40代女性:ネットで探す

20代女性:やはりまずはネット検索で探します。地域の新聞に載っている場合は近所の人に信頼されているところなのだなという印象を持ちますしそれも良いのですが、まずはネットが先です。自分でできる一番手軽で早い手段だと思います。

ネットで検索?どんなKWで検索して整体院・整骨院・治療院を探しますか?

40代女性:「地名 整体」「地名 接骨院」「地名 整体 口コミ」「地名 接骨院 口コミ」「病院名 症状」「病院名 口コミ」

「地名 サービス名」は鉄板のねらい目KWと言えますが、「病院名 症状」「病院名 口コミ」も抑えておくべきですね。ホームページを作成するのは「病院名 症状」「病院名 口コミ」といったKWで検索してきた

  • 新聞折り込みやフリーペーパーなど別の媒体でサービスのことを知った人
  • 近所に住んでいるから治療院があるのは知っていて興味はあるが、どんなところかわからないから行く勇気がない人

などの来院を促す効果もあります。

ホームページはホームページ以外の広告の威力を増すことが出来る手段でもあります。

代表 東

30代女性:自分のいける範囲のエリアと体の症状をまず入力して探しています。気になったところは、ホームページを隅々まで内容確認し、またその医院の口コミをさらに検索します。また口コミが多いところも検索しエリアに関係なくチェックします。

20代女性:「地名 整骨院(または整体)」あるいは「駅名 整体(または整骨院)」で検索します。本当であれば混み具合や経営年数も参考までに知りたいのですが、なかなかヒットしないことが多いので、地名や駅名で検索して出てきたサイトを上から順番に閲覧していきます。広告として一番上に出てくるものはあまり見ません。純粋に上に出てくるものから見ることが多いです。しかし実際に行ったことがあるのはリアルな知り合いから口コミで勧められたところが多いです。

「駅名 サービス名」は主に都心部ではカバーしておきたいKW。通常の地名に比べるとSEO的にライバルが弱く、上位表示させやすい傾向にありますので狙い目KWと言えます。

代表 東

40代女性:「地名 整体」「症状 治療」「整体院 口コミ」「整体 託児」「整体 子連れ」

産後の骨盤矯正をしたいと考えているママは多いですが、産後がゆえに、赤ちゃんと連れてでないと通えないという人も多くいます。

そんなママにとって”赤ちゃんを連れて行ってもいい”とホームページに書いてくれている治療院は、ありがたい存在で、通う決断を後押しすることにつながります。

代表 東

30代女性:市内で試しに通えそうな場所、検索ワードとしては「○○市」+「整体」「整骨院」「接骨院」。

40代男性:ネットで検索をする時には、まず住んでいる地域内でどんな治療院などがあるのか知りたいので、「地域名 整体院」等と検索します。その中から、自分の症状にあったところを選んで検索することもあります。

50代男性:「地名 整体」「地名 整体 比較」「地名 整体 評判」「整体 症状名」などです。

30代女性:インターネトで検索するとき、KWとして自分の住んでいる地域と接骨院、症状名を入力して、出てきた接骨院などを順番に見ていきます。なるべく自宅から近いところが望ましいので、近い順に調べていきます。

40代女性:地域・症状で検索し、検索上位の整骨院の名称でさらに検索して、その評判を確かめます。基本的に病院などを紹介するポータルサイトの評価は余り信用していません。ステマ記事や誹謗中傷目的の評価をしている人が少なからずいると思っているからです。今は車でしか移動できない場所に住んでいるので、まず場所を第一に考えます。都会なら電車やバスでどこへでも行けますが、田舎は違います。田舎に行けば行くほど、その地域にあることが重要なのかな?と思います。

40代女性:通う手間・時間を少なくするためできるだけ自宅から通いやすいという点ははずせないため、キーワードとして「地名」は第一に入力します。次に症状です。症状が改善できれば整体院や接骨院などの形態にはこだわらないからです。あとは「駐車場」です。車の運転があまり得意ではないですし、個人でやって見える場合が多いのでそうすると駐車場がない、もしくは1台分しかない、または非常に停めにくい、といったことが考えられるからです。

30代女性:「整体またはリラクゼーション」+地名+症状で検索します。気になるところが見つかれば個別に名称で検索し、口コミをチェックします。

20代女性:ネットで検索する場合には整体院や整骨院など利用したい治療院のワードと、地名を組み合わせて検索をします。地名はまず在住地域をキーワードとしますが、隣の市区町村など自身が利用しやすい地域を検索ワードとすることもあります。

30代男性:自分の症状に併せて入力する。腰痛や寝違えなど具体的にいれる。また、地名も入れて、近所で行きやすいかも大事なポイントだと思う。

20代女性:地名+病名(症状)です。人に病院を教えてもらった場合は、その名前で直接検索をかけたりします。

40代女性:インターネットで検索をする場合には、まず、そのときの「症状」、「整体」、「●●市」と居住地を入れて探します。それで、よさそうなところがヒットしなかった場合には、そのときの症状の言い方を変えてみます。たとえば、「肩こり」ではなく、「肩痛」といったように症状のキーワードを変えてみます。また、「整体」ではなく「接骨院」などといった言い方に変えてみます。そこでヒットした治療院の名称を複数控えて起き、その治療院の名前「▲▲」と「口コミ」ないし「評判」というキーワードでさらに検索をします。そうやって検索をした結果、いくつかの治療院のホームページを実際に確認をしていきます。

20代女性:「整体」「接骨院」など大きなカテゴリ+地名で検索します。以前ぎっくり腰を患った際には「整体」+「ぎっくり腰」のように、症状を入れて検索しました。ある程度目星がついている場合は「院名」+「口コミ」で検索することもあります。

30代男性:治療が必要な部位、症状、住んでいる場所、あとは保険が効くかなどのキーワードで検索します。例えば、以前膝と腰を痛めて治療が必要だった時には(膝痛・腰痛・整体・福岡県・保険適用)といったキーワドで検索しました。

30代女性:ネットでのKWは自分の住んでいる地名と治療院です。整体院は保険診療が利かず診療代が高いイメージがあるので、まずは接骨院を入力して検索します。今は接骨院の数が多いので、数件は必ずヒットします。その中から、自宅から近い所を選びます。通院する場合もあるからです。ただ、明らかに体の歪みからくる症状(眩暈や頭痛など)が酷い場合は、接骨院では治療は無理だろうと思い、整体院を検索します。

40代女性:地名・肩こり

20代女性:KWに関しては「整体」や「接骨院」以外「(自分の最寄り駅)」、そして身体の辛い部分か治療が必要な部分も検索します。「腰痛」や「肩こり」かもしれませんし、交通事故の後遺症などなら「むち打ち症」や「事故治療」などのKWも含めると思います。また、事故の治療のための場合は必ず「保険」という言葉も入れます、都合により保険を使って通った方が良い場合があるからです。

整体院・整骨院・治療院のサイトがどんなサイトだと言ってみようという気になりますか?

40代女性:わかりやすくシンプルなデザインだと信頼性が高くなります。またどんな症状に強いかという強みを書いていたり、ブログとリンクされていて、日々の出来事(仕事の様子など)が書かれていると、文章から人柄などが伝わってくるので、目星がつけやすいです。またHP中で病院内の写真や先生の写真などがあると空気感がわかりやすく、親しみを持てれば行こうと思います。また口コミなどが入っていると助かります。

30代女性:やはり自分の症状に特化しているところ、詳しい施術内容や写真などが掲載されているところは興味を惹かれます。また、その施術する先生の経歴や紹介文などが載っているとさらに印象がいいです。料金も重要ですが、私が選んだことのある医院は最初はお試しキャンペーンをやっていて自分にあうかどうか試すことができました。またそこのホームページには、患者様の悩みを詳しく掲載しその症状にはこのような施術を行いました。そしてその結果、このように改善されました、と詳しく載っていました。自分の症状に似た方の経験談が書かれていたのでそれも参考になり行くことに決めました。

20代女性:見やすいけれども広告感があふれすぎないサイトに好感をもちます。必要以上の情報を盛り込まず、かといって情報不足になっていない。院内の写真も適度に載っていると嬉しいです。院内の様子が清潔そうであれば更に良しです。(ただし、実際に行ってみて顔にあたるタオルを使いまわしていそうな雰囲気だったりするとリピートするかどうかは分かりません。)あとは料金や女性スタッフの有無、待ち時間についても正直に書いている方が信頼度がアップします。

40代女性:きちんと最新情報が更新されているホームページの整体院に行きたいです。明るいイメージのサイトなら好感度高いです。また院内の様子・待合室や診察室の写真などがあると安心します。やはり綺麗なところに行きたいと思うので。後は、小さな子供がいるので、託児がついていたり、子供を遊ばせておけるキッズスペースなどがあり、写真付きで掲載されていれば、雰囲気もつかめるし行ってみようという気になります。院内は明るい雰囲気で、女性のお客さん向けのアピールなどがあると行きやすいです。先生のプロフィールと顔写真も気になります。やっぱり怖そうだと気が引けるので。ネット予約の受付をしている病院は待ち時間が短そうで、行きたい病院の優先順位が上がります。料金体制もわかりやすく提示してくれていれば嬉しいです。あと、病院の治療方針や考えもわかれば安心して行くことができます。

30代女性:出来れば行きつけにしたいので自分に合いそうなところをトータル的に評価します。口コミと評価のよさは気になります。実際に行った人や、通っている年数が長い人が多いなどはすごく参考にしてしまいます。よい口コミ数が多いのもいいと思います。他には、あまり高額でないこと、施術を具体的に説明しているところ、他の整骨院や整体にはない特色がある、「ゴッドハンド」にはちょっと弱いかもしれません。でも、それだけで決めるのでなく全体的にリサーチして徐々に絞っていきます。とにかくお金を払うなら、ちゃんと施術をしてもらえる所でなければ嫌なので、真面目に誠実に仕事をしていそうな先生を自分で見極めてから行きます。自分は女性なので、出来るだけ表通りや人がそれなりに歩いている道に面した場所を選びたいです。人づてに教えてもらったところはまず1回試しに行ってみると思います。実際、腕が上がらなくなって通っていたところがありましたが、治りそうにない気がしたので、別のところを教えてもらっていったことがあります。教えてくれる人にもよりますが、自分がよかったと思うところを紹介してもらえるので行ってみる気持ちになります。

40代男性:人から聞いた時は、そこはとても評判がいいと言うことを聞くと行きたいと感じました。また専門的に行っている内容などを聞いて行きたいと思うこともありますね。例えば腰痛専門とか言うことを聞いて、自分が腰痛で通いたいと思うと行きたくなります。そして、インターネットで検索をして、クチコミも見ることにしています。特に悪い口コミについて気になります。良い口コミは多くある中で、悪いクチコミはリアルな信ぴょう性が高いと思っているのです。わざわざ悪い口コミをするのは、よほど辛い思いをしたからだ、そんなところは要チェックをします。そして、ホームページを見てその内容で院長などの診療への気持ちがわかるととてもその気持ちが高くなりますね。また料金がわかりやすく、しっかりと記載されていると良心的と感じていくことがあります。

50代男性:治療のイメージが具体的にわかるようなサイトであれば安心感があります。院内の写真(受付だけではなく、実際に治療が行われる場所の写真)、先生やスタッフの写真などがあればよりいいです。具体的な料金設定や治療院までのアクセス方法、治療方法(方針)や治療実績、先生の経歴、実際に治療を受けた人の感想など、知りたいことが不足なくしっかり記載されていれば信頼できます。また実際の治療風景をサイト内の動画で配信してくれたり、そこまででなくても、先生が動画によって様々な整体や接骨に関する情報を伝えてくれれば、内容に納得した場合は行ってみたい気がします。どのような治療を行うのか、本当に自分の症状が緩和されるのかどうかが一番気になるので、その不安を払拭してくれるようなサイトであれば嬉しいです。

30代女性:行ってみようという気持ちになるサイトは、診療時間、料金、電話番号、駐車場情報以外の情報が掲載されているものです。どのような治療をしていてどのような効果が期待できるかは掲載してほしいと思います。さらに先生や院内の様子が分かる写真が一緒に掲載されていればより望ましいです。以前にぎっくり腰になった時に接骨院を探しました。たくさんある中で行くと決めた接骨院はその接骨院の独自のホームページがあり、先生やスタッフの紹介、院内の様子が分かる写真が掲載されていていました。初診の場合、どのような流れで治療を受けるかも掲載していたので、安心して行くことができました。治療方針も分かりやすく掲載されていたので信頼できました。サイトを見て、知りたいことや不安に思うことが解決できれば行きたい気持ちになります。

40代女性:サイトの作りはシンプルで清潔感があるデザインが安心感があります。料金も詳細に書かれているサイトなら安心できます。医院長だけでなく、実際に働いていらっしゃるスタッフの写真や、院内の写真があった方がいいです。せっかく近くに整骨院があっても年配の方や、時間が有り余った主婦などが多く来院している整骨院は利用しにくいので、ある程度料金が高めで、技術がしっかりしてそうな整骨院を選ぶようにしています。

40代女性:最初に確認するのは、店舗名・住所・電話番号・施術者の名前が見やすく、かつ見つけやすくなっているかどうかです。できればサイトの最初にあるといいですが、たいていは一番下にあるかと思います。サイトのどこにあるにせよ、そういった情報は最低限の礼儀であり、責任感を持っているように思えます。料金は、記載されているに越したことはないですが、実際には多様な症状があると思われるため、一概には提起できずそのあたりは店舗探しに影響しません。あとは施術者の顔写真もあると安心できます。営業時間・休診日はもちろん、急な時間変更があった場合もきちんと記載してほしいです。

30代女性:トップページでどこを見ればどういった情報が得られるか項目がはっきりと表示されていること、更新が頻繁に行われているサイトが好ましいです。オンラインの受診予約やメールでの問い合わせが可能だとなお良いです。店舗の外観・内装の分かる写真がいくつか載っていると行く前に雰囲気がわかります。具体的な施術内容や料金表も見られると良いです。過去に足を運んだクリニックのホームページでは、初回の診察から治療までの流れがフローチャートで記載されていたこと、また治療にかかる時間や料金が明示されていたことから安心感があり受診に至りました。写真付きの医師紹介、医師の施術に対する意見も載っていると信頼感があります。

20代女性:まず一番に行ってみようと思うきっかけはホームページの作りがしっかりしている治療院です。コンテンツのバランスや色味などきちんとデザインされており、リンクなども問題なく機能していることが第一条件ですね。そして料金や治療方針などの説明が明確であったり、院長や先生の紹介などが記載されているとぐっと信頼感が増します。院内案内のようなものがあって写真が豊富に使われていうというのも魅力的で、このようなところで治療を受けるのだなという安心感が生まれますし、実際にこれがきっかけで利用を決めたことがあります。

30代男性:清潔感が感じられるようなホームページはひかれる。雑然としていて読みにくく見づらいのは、見ていても疲れるので、簡潔で清潔なのが良いと思う。また、料金体系が明確に記載されているものもよい。ここからは自由診療になるので幾ら位かかるなど具体的に金額が明示してあるとたすかる。さらには、そこの接骨院等を利用して、どんな症状が何回くらいで改善したかなどの、利用者の体験談などがあると良いです。自分に似た症例があれば、回数や料金等も参考になるので。地図が明確で分かりやすいとよい。また、診療時間や日時が分かりづらいクリニックもたまにあるので、その辺が分かりやすいと助かる。施術者の写真等が載っているとなおさら良い。対人の治療なので、やはり気になってしまうので。

20代女性:1.スタッフの顔写真や自己紹介がある(スタッフの顔写真があることで、親近感がわく)2.サイトが古くない、最終更新日が新しいほうがいい(サイトが古い場合、本当に営業しているかどうかがわからないため)3.ブログなどを更新している(院の雰囲気や、スタッフの性格がわかる)4.料金が明確である(一律の料金、追加料金などが明確のほうが生きやすい)5.女性のスタッフがいる(女性ならではですが、女性のスタッフがいるほうが相談などもしやすいです)6.最寄駅からの簡単な地図がある(最寄駅からの詳細な案内や地図、出口が多い駅などであれば、近い出口もあればなおいいと思います)

院までの詳細な地図があると、実際に行こうとしている自分を想像させることにもつながりますので、親切さ、わかりやすさがアップするだけでなく来院を促すことにつながります。

ただ、グーグルマップを貼り付けておくだけでなく写真付きで、駅から院までをわかりやすく解説しているとグッドですね。

代表 東

40代女性:ホームページを確認するときには、まずは、具体的にどこにあるのか、駐車場があるのか、もしくは、歩いて行ける範囲なのか、公共交通機関でのアクセスはよいか、など、通うことができるのかなどのアクセスを確認します。いくらよいところであっても、その時の症状で歩くことが苦しいときなどは、駐車場があるところが必須になる、ということがあるからです。

20代女性:第一に価格が分かりやすいこと。基本料金、追加料金はかからないか、指名料はかかるのかなどを見ます。HPのデザインもある程度見るようにしています(一昔前を連想させるものだと、時代に追いついていないのかな?と思うので)。先生の名前などで検索することは、あまりありません。先生が表に出すぎているところはあまり行きたいと思いません。実際行ったところはホットペッパーからの予約だったのですが、使われている写真のクオリティ(きれいに撮られているか、妙なかたむきや色をしていないか)を見ていました。

30代男性:1番気になるのは金額と評判です。なのでその医院の治療実績(施術してくださる先生のこれまでに実績や実際に治療してもらって良くなった人からの声)、具体的な核治療に対する料金、保険が適用されるかなどがはっきりと、また詳しくのせられていて、なおかつ治療の様子などが写真(また医院内の様子が明るくて清潔な様子)などで紹介されていれば「行ってみようかな」という気になると思います。

30代女性:サイトを見て行きたいと思うのは料金が明確に書かれているところです。特に整体院は必須ですね。それから治療院の外観、内観の雰囲気から受ける雰囲気。治療内容など具体的に書かれてあれば尚良いですね。参考程度に、実際に治療を受けられた方の感想など書かれていれば心を動かされて行ってみようかと思います。

40代女性:HPを見て行きたいと思う整骨院。まずは自分にとって行きやすい場所が第一なので、アクセスを確認します。駐車場がある、または自宅からの徒歩圏内、それ以外ならショッピングセンターやドラッグストア・ホームセンターのそばにあり、買物と一緒に用事を済ませられる場所だったりすると多少遠くでも行く気になります。アクセス欄に近隣に便利な施設があるという案内は重要だと思いますそして院長先生やスタッフの方のプロフィールを見ます。資格もそれなりに持っている方が安心ですが、やはり経験値だと思いますので今までの施術経験年数や施術人数など多いと安心できます。私は年齢は30代~50代くらいの先生が良いですが、プロフィールの写真の写り方がある程度落ち着いた感じであれば年齢が多少若くても信頼できそうかなと思います。年齢だけでなく清潔感や感じの良さなどもチェックしますのでプロフィール写真はかなり重要です。料金は、〇〇円~などではなく、〇〇円(税込)と、しっかりわかりやすく表示されていると安心して施術を受けられます。HPが丁寧に作られていると、施術や接客も丁寧なのかなと思います。

20代女性:治療内容のメニューと料金が明確に書いてあるとある程度安心して行くことができます。そしてやはりできれば院内の写真がアップされていて欲しいです、なんとなくその場の雰囲気や行きやすさがこれで決まってくるのではないかと思います。明るそうなところか暗そうなところか、古そうなところか新しそうで綺麗なところか、なんとなく写真で決めてしまう場合が多いです。その他、ある程度の「実績」も少しは分かると助かります。今通っている接骨院では野球選手や柔道の選手などがスポーツマッサージのために来ていたりするので、その選手たちと院長先生との写真がHPにアップされていたりします。有名な人が行っていたらやはり信頼度は増します。

整体院・整骨院・治療院のサイトがどんなサイトだとやめておこうと思いますか?

40代女性:わかりにくいサイトだと行く気にはなりません。特に料金をしっかりと提示していないと行くときの判断ができず、結果的にはいかないということにもつながります。また、文字ばかりでスタッフの方や病院の雰囲気がわからないと、インターネットいきずらいです。

30代女性:施術名だけで詳しい内容が記載されていない、値段が掲載されていない、先生の写真を一面に押し出すなどのホームページはいかにも怪しくて嫌です。またキャンペーン価格だけ載せているところもそのあとの継続する料金がわからず困ります。あと、よくあるのですが、顔を隠した体験談でいかにも褒めちぎっている文章をたくさん載せているところも本当かどうか疑ってしまいます。

20代女性:あまりにも文字が小さかったり、読みづらいフォントだったり、情報が少なすぎるサイトだと見づらい上に参考にできる情報が少なく、スルーしてしまうと思います。かといって、まるで新聞の折り込みチラシのようなデザインのサイトだと、情報量としては問題が無いのですが、いかにも営利目的感が強すぎて抵抗があります。利益を出す必要があるのは当然分かりますが、客である自分側としては治すことが最大の目的なので、あまりにも広告的なサイトだと逆に信頼できなくなります。

40代女性:全く更新されていない、古いホームページはみる気がしません。診療時間と先生の写真だけだったりしても、行く気にはなりません。やっぱり院内の雰囲気がわかる写真や先生の情報がないと、足を運ぶ気にはなりません。

作って終わりのホームページだと検索者に問い合わせてみようというところまでアクションを起こさせるには不十分な場合が多いです。

弊社の更新・ページ追加し放題のHP作成サービスなら、利用者様が情熱をもってHPを育てる気があるならば、このような問題は起きません。

代表 東

30代女性:院内写真がない、先生の写真がない、料金がわからないのは確かに心配になります。ホームページがものすごく華やかなところと高額なところは、本当にちゃんと見てくれるのかな?と思ってしまいます。行かないと思います。また、いいと思って通いはじめても、何かしら不快な思いをしたり不信感を感じたら次からはいかないと思います。

ホームページは凄ければいいというわけではありません。凄すぎるとそこに広告費がかかっていること、それが治療価格に影響することまで想像してしまう人が一定数います。

それよりもむしろ、凄さはないけど手作り感があって人柄・雰囲気・熱意などが伝わるホームページの方が来院を促す効果が高い場合が多々あります。

代表 東

40代男性:行きたくないのは、料金記載がないところです。それはどんなにすごいところでも不安です。

50代男性:あまりにも簡単すぎて、治療院のイメージが湧いてこないサイトであれば、行く気が起こらなくなります。料金設定があやふやな場合も利用することに不安を感じます。 また必要なことが十分に記載されていても、サイト内のどこにそれが書かれているのかがわかりにくく、 探すのに時間がかかってしまうようなサイトは見る気が失せてしまいます。

30代女性:行く気にならないサイトは、診療時間と電話番号しか掲載されていないものです。このようなサイトだと、法外な治療費をとられないか、治療方針が自分と合わなかったらどうしようなどと不安な気持ちになってしまいます。こういう接骨院だと仮に自宅から徒歩5分以内に行ける場所にあったとしても行く気になりません。

40代女性:紫色や金色を使っている所はちょっと怪しげで、サプリや健康食品、化粧品等を売りつけられたりしかいかな?と不安になります。怪しげな仏像のようなものや、お香などが写っていると宗教臭く感じてしまい避けています。料金に関しては別プランありとか、詳しくはお問合せください。など詳細な料金がないのはちょっと心配になります。後は『絶対に治ります』『諦めていたあの痛みとさようなら』など過度に期待させる文章があるところには絶対に行こうとは思いません。

40代女性:バナー広告や、その店舗と関係のない無料サイトから引っ張っていたような写真が多いとやる気がないように感じます。信用出来ない口コミもいりません。なんとでも書けますので。データが古すぎるなど明らかに更新されてないと思われるサイトも信用できません。

接骨院・整骨院のHPなどにおいては制限があるかもしれませんが、お客さん、患者さんから手書きの口コミを集めるのは良い手だといえます。

その手紙を(本人確認し可能ならば顔写真と一緒に)HPに掲載すれば、信用できない口コミということにはなりません。

このような口コミは、運営すればするほど貯まっていくものです。ホームページでその積み重ねた信頼をアピールすることが出来れば、来院を促すことができます。

代表 東

30代女性:情報が少ないサイトは行く気になりません。営業日時やアクセスなど最低限の情報しかない場合は、敬遠してしまいます。サイトをみて治療内容や料金、治療の流れがわからない場合は問い合わせてまで行こうとは思いません。また最新の更新日時が何ヵ月も前だと不安が生まれます。

20代女性:行く気が削がれるのは行きたいと思うホームページと逆のホームページです。例えば10年以上前のクオリティではないかと思えてしまうようなデザインであったり、料金やどのような先生がいるのか全くわからないようなホームページは不信感をいだきます。また、更新履歴がかなり前のものであったりするときちんと治療してくれるのか不安になっていしまうので利用を控えようと考えます。

30代男性:具体例もないのに、こんなに良くなる!といわれても説得力がないので、そういうホームページを作っている接骨院などは行く気がなくなる。また、料金体系が不明瞭だと二の足を踏むと思う。院内の写真が一枚もないのも、抵抗感がある。アパートの暗い一室などでは、やはり行くのをためらうので、清潔な印象の写真が欲しい。

20代女性:1.治療方針が明確じゃない(院長の治療方針・経営方針ないとあまり行きたくないかも)2.スタッフの顔写真がない(行ったことのない治療院であれば、なおさら写真があるほうがいいと思います)3.サイトが古い、記載されている電話番号などが使えない(サイトが古い場合、本当に営業しているかどうか考えてしまいます。サイトのリンク切れ等があれば、信用性はないかもしれません。また、記載されている電話番号にかけてもつながらない場合は行くことを諦めます。)4.求人募集の項目がある(求人募集の項目があると、スタッフの入れ替わりが激しい印象があります。なので、求人募集を記載する場合は、細かい条件などは記載しないほうがいいかもしれません。)

求人募集に関しては、捉え方は人それぞれのようにも思えます。求人募集をしていると、流行っている人気の院・お店なのかなと良い風に捉える人も一定数いることが考えられますので。

代表 東

40代女性:院長を調べます。もういい年をしたおばさんではありますが、それでも院長が、ちょっとギラギラした感じの印象があるところはいきません。体に直接触られるということもあります。また、できれば女性のセラピストのところに行きたいと考えていますので、そういったことを含めて確認します。さらには、治療の価格や院内の設備、営業時間などもみます。あまりに治療費が高いところは敬遠しますし、院内が古くて清潔感にかける写真などが掲載されていたら、ちょっといく気にはなりません。営業時間が到底私の通える時間ではないところにも、残念ながら行くことはできませんので。また、記載内容もチェックします。多少知識はありますので、怪しいなと思うようなところにはいきません。したがって、ホームページを持っていない、このような情報が得られない、というところは、まず通いたいとは思いません。もちろん、知人やジム友、ジムのインストラクターが推薦するところは別ですが。

20代女性:HPのデザインが一昔前(フォントがMS明朝だったり、凝っていない、フレームを使っているなど)のところはあまり行く気になれません。また、料金など情報が分かりづらいところだと、不親切なところとみなし、興味がわかないと思います。

30代男性:HPが文字ばかりで手が込んでいない安っぽいもの、色がなく暗い感じのもの、料金が記載されていない(又は記載されていても分かりにくいかったり小さな字で記載されている)もの、さらには具体的な治療方法の説明や画像が無く、いったいどんな治療をされるか分からないならば、そこで治療してもらおうという気にはなりません。また、施術してくれる先生の写真がが見た感じ不潔そうだったり胡散臭そうだったりするなら行く気がなくなります。

30代女性:逆に行きたくない、行く気にならないのは、写真がないサイトですね。どのような治療院かわからないので行っても大丈夫かなと不安になります。私は女なので女性スタッフの顔が見えないサイトはやはり抵抗感がありますね。それから、やはり治療内容、料金がわからないのは敬遠してしまいます。

40代女性:HPを見て行きたくないと思う整骨院。院長先生やスタッフのプロフィール欄が無い、もしくは詳しく紹介が無い事です(もちろん写真もない)。通常なら行かないのですが、他が空いておらず一度そういった場所に行ってみた事があります。案の定、院長先生がワンマンな感じでスタッフの方との連携もあまりとれていませんでした。スタッフの入れ替わりが早そうだし、とにかく院の雰囲気が悪いので、これならプロフィール欄も充実していない訳だと思いました。やはりなんだかんだ言っても最終的には人なので、その人となりが見えないHPの整骨院は良くないのだなと勉強になりました。あと、長年更新されていないHPだとそれだけで信用できませんし、営業しているのかな?と疑ってしまいますね。

20代女性:やはり治療内容のメニューが、部分的にも書いていなかったり、保険対応かどうかが書いていなかったりすると支払いや適性度が分かりません。少しでも治療のメニューと料金が書いてあると自分に合った治療があるかどうかが分かるので、全部でなくて良いので抜粋でも良いので内容を書いて欲しいです。

弊社サービス 業者A 業者B
ページ追加 自分ですれば無料 1万円/1頁(自分ではできない) 2万円/1頁(自分ではできない)
ページ更新 自分ですれば無料 5千円/1回(自分ではできない) 1万円/1回(自分ではできない)
集客力 実店舗でのHP集客経験あり。自社サイトで広告業も行っている専門家。 素敵なサイトを作るのは得意だが、作った後の育て方には詳しくない。 凄い。あらゆる切り口を持ち、様々な方の要望に対応出来る。
SNS連動運営 あり なし なし
デザイン 基本デザインなら格安対応。その範疇外は別途対応。 どんな要望にも応える。(別途料金が必要な場合あり) どんな要望にも応える。(別途料金が必要な場合あり)
ウリ コスパが良い。自分で育てれるHP。 これぞプロという素敵なデザイン、細かな要望にも対応。 大きな組織。実績凄いです。集客のプロです。
おすすめな方 自分でHPを育てようという気がある人。ウェブ上に存在感をコツコツ積み上げていきたい人向け。 とりあえず素敵なHPを作りたい人。 資金力のある人。どんなこともして欲しい人。
不向きな方 何でもやってやってもらいたい人。自分で何とかしようという気の無い人。 集客できるHPを持ちたいという人。 HPに多くの維持費をかけたくない人。
PPC広告 応相談。別途料金で対応可。 出来ない。 応相談。別途料金で対応可。

弊社ホームページ作成サービス申し込みの流れ

申し訳ございません。現在、申し込みは、代理店経由での申し込みのみ対応とさせていただいております。
  • STEP.1
    問い合わせ・内容すり合わせ
    弊社サイトの内容を一読し、興味を持たれたら、メールフォームより問い合わせてください。

    その際、業種・ホームページを持つ目的についてを教えてください。
  • STEP.2
    直接お話し
    メールでのやり取りである程度の概要のすり合わせが出来たら、電話(スカイプ・line電話等)にて更に詳細をすり合わせさせていただきます。

    その際、弊社へ仕事を依頼していただけることになりましたら、契約書を後日送付させていただきます。
  • STEP.3
    サイト作成
    サイン、押印された契約書が弊社の手元に届いた地点よりHP制作作業に入らせていただきます。 基本的な情報を入れ、サイトの最低限の体裁を整えるところまでは弊社が行います。

    クライアント様は弊社が指定した文章、画像等を準備する必要があります。
  • STEP.4
    操作方法レクチャー
    サイトの大枠が完成したら、サイトの操作方法、育て方をお伝えするため再度電話(スカイプ・line電話等)させていただきます。

    この地点では、とりあえずHPがあるという状態です。
  • STEP.5
    サイト運営開始
    それ以降は、基本クライアント様でサイトを更新・記事追加をするなどしてサイトを育てていっていただきます。

    不明点等は、主にメールでのやり取りとなります。
1.2.の段階で弊社が仕事をお受けできない(弊社では対応できない)と判断した場合、依頼をお断りさせていただく場合もございます。あらかじめご承知おきください。

HP制作への質問・お問い合わせはこちら。お気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です